看板工場.com > みんなのブログ > ハチの巣駆除奮闘記①

ハチの巣駆除奮闘記①

2021年5月20日

 

まさか自分の家にハチの巣が出来るなんて

夢にも思いませんでした・・・岩澤です。

 

 

※今回のブログには蜂が出てきます。

イラストではありますが、虫が苦手な方はご注意ください。

 

 

 

 

先日、ベランダに洗濯物を干していてふと上を見上げると

なんだか見覚えのないものが・・・!!!

 

 

 

 

 

そうです。ハチの巣です(‘Д’)!!!

 

 

 


 

余談になりますが、今このブログを書いているときに何気なく

【ベランダ】と書きましたが、皆様はベランダとバルコニーの違いはご存じですか?

 

ベランダとは、屋根付きのスペースのことです。

家の屋根がかかっている2階以上はもちろん、ひさしがついていれば1階でもベランダです。

 

 

それに対してバルコニーとは、2階以上にある屋根のない張り出したスペースのことです。

1階の屋根のないスペースは、テラスや縁側などと呼ばれます。

 

 

最近では、ベランダやバルコニーをあえて作らずに、

ランドリールームを室内につくるという人が増えているという話を聞きました。

 

 

花粉症の人はもちろんのこと、1年を通して室内干し(ランドリールーム設置、浴室乾燥機やガス乾燥機の使用など)には、

天候や時間に左右されない、洗濯物に虫がつかない、ベランダの清掃不要などのメリットがあるそうです。

 

 

戸建てには必ずベランダやバルコニーがある!という固定観念は、近年変わってきているんですね★

 

 


 

 

そんな我が家は、私が花粉症なので花粉の季節は室内干しですが、その他の季節は外干しです。

 

果たしてこのハチの巣はいつからあったのでしょうか・・・。

気が付いたのはつい最近です。

 

大きさは拳ほどの大きさで、調べてみるとどうやらこれはアシナガバチの巣のようです。

 

 

 

ハチの巣には大きく分けて、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチの3種類あるそうです。

 

 

スズメバチの巣は、徳利を逆さにしたような形からだんだん球状に近い形になっていくそうです。

テレビなどでよく見るハチの巣駆除!!の特集はこれですね。

スズメバチは非常に攻撃性が強いので、素人の駆除はおすすめできません。

 

 

 

 

そしてアシナガバチの巣は、シャワーヘッドのように小さい巣穴が見られ、

茶碗をひっくり返したような形・・・初めの写真のように我が家はまさにこれです!!!

 

 

アシナガバチは基本的におとなしい性質で、害虫を狩ってくれる益虫とされています。

直接巣を攻撃しなければ攻撃してくることはない…とありますが、

今回私は直接巣を攻撃します…。

 

 

 

 

最後にミツバチの巣は、平らな板が下がった形をしています。

ミツバチは非常におとなしい性質で、はちみつを生産する益虫とされています。

 

 

 

 

 

このうち、スズメバチとアシナガバチは巣の利用が1年限りで、

冬になって働き蜂が全滅した巣は再利用しないそうです。

 

 

私が巣を発見したのは、5月。

 

 

巣にいる可能性は、限りなく低そうなので、

今回自分でハチの巣を駆除することに決めました。

 

 

 

 

 

 

なるべく蜂は可愛いものを・・・と心がけましたが、

調べているときはたくさんの写真が出てきてそれはもうゾッとしました。。。

(イラストはフリー素材からお借りしました。)

 

 

なんだか少し長くなってしまったので、②に続きます。

 

果たして無事に駆除出来たのか!?

ご興味がある方は、ぜひ楽しみにしていてください。笑

ページの先頭へ戻る

運営会社情報

株式会社フクスイ
お問合せはこちらまで!
フリーダイヤル0120-47-5040 直通03-3320-0021
本社・工場
〒252-0132
相模原市緑区橋本台2-7-18
TEL: 042-772-4243
FAX: 042-772-8745

東京支社・営業部
〒151-0073
東京都渋谷区笹塚3-33-2
TEL 03-5333-1420
FAX 03-3320-0020